ホーム  >  事業案内  >  3PL/SCM

3PL/SCM

3PL/SCM

資材の保管から管理までの受託サービス

イメージ
現在各工程で一次加工から二次加工、在庫管理及び出荷業務が非常に狭いスペースで行なわれております。
保管場所も限られたスペースで返品や緊急の増産になった場合の対応が取れない為、他に保管場所を確保しなく てはなりません。今後多品種小ロット生産に移行する上で必要のない部分を機能そのまま(全てではなく一次側 以外の部分)弊社にアウトソーシングして頂く事をご提案申し上げます。これはサードパーティ・ロジスティクス 【3PL】と呼ばれています。ここで3PLについて説明いたします。

サードパーティーとは第3勢力のことで、つまりロジスティクス機能を担う第3勢力の事であります。
『第3』の意味には以下の2通りがあります。1つ目はメーカーをファーストパーティー、卸売業、小売業といっ た買手側をセカンドパーティーとみる見方であり、これら荷主側の物流を全面的に代行する業者をサードパー ティーと言うものであります。もう一つの見方は荷主側(メーカー、卸売業、小売業)をファーストパーティ ー、キャリア(実運送手段を持つ物流業者)をセカンドパーティーと見て、実運送手段を持たない事業者をサ ードパーティーとするものである。これまでの物流業者は、荷主側のシステムの中で輸送手段や保管機能を提 供するものだったが、サードパーティーは荷主側に物流システムを提案し、その結果として全面的に物流業務 を委託する事業者のことであります。

以上の事から、現在の業務全体をアウトソーシングする事により、今までの入出庫管理体制から新しい物流シ ステムの構築が完成します。

新しいシステムのメリット

1. 一次加工に専念する事により無駄な工数が削減できます。
2. 入出庫業務の一本化により窓口が1つとなり伝達事項や連絡が敏速に行なえる。
3. 在庫スペースを少なくし生産効率をあげられる。
4. そのスペースを他に有効活用できる。
5. 生産に集中できる。
6. 検品や出荷に附随する一連の業務が簡素化され人件費の削減ができる。